外壁塗装は下地処理が重要

柏市に拠点を置くニコー建装では千葉県内を中心に関東で外壁塗装やリフォーム工事を行っています。

外壁塗装を行う際は塗装しない窓や戸などの部分をしっかりと養生し、保護してから作業を行います。
そして最初に行うべきことは、汚れや埃もしっかり落とす高圧洗浄。

時には藻やカビなどが生えているケースもありますが、そういったところでは高圧洗浄にプラスして、クリーナーを使って排除していきます。

そしてしっかりと乾燥させてからプライマーやシーラーで下塗り処理を行います。
これを行うと、塗料の密着性がアップし、雨風の影響を受けにくいしっかりとした塗装が行えます。

そして最後にウレタンやシリコン、フッ素などの塗料を使用して上塗りして完成です。
外壁塗装は何層にもなっていますので、塗膜が厚くなっています。
それにより外壁材が表面に出ることはなく、腐る心配もありません。

ニコー建装ではこういった下地処理の重要性をしっか理解し、施工にあたっています。
景観のきれいな外壁にするには、下地処理に時間をかけて丁寧に施工してくれる業者を選ぶのがおすすめです。

必ずしも外壁の塗料だけで善し悪しが決まるわけではありませんので、ぜひ施工会社選びの参考にしてみてください。

お問い合わせはこちらから