外壁塗装は10年経ったら一度メンテナンスを!

千葉県柏市で外壁塗装を行っているニコー建装です。
最近の家は非常に施工技術も進歩し、簡単に雨漏りや外壁破損が起こりにくくなっています。

しかし家に住み始めてから10年以上経過しているようでしたら一度外壁のメンテナンスを行いましょう。

長年住んでいると下記の症状が発症していることがあります。

・コーキングのひび割れ
・瓦のひび割れ
・外壁のひび割れ
・チョーキング

長い年月を経ると直射日光を浴び続けている屋根材、外壁は水分が蒸発し、ひび割れが起こりやすくなってきます。
また、チョーキングと呼ばれる外壁の塗料が剥がれ落ち、粉っぽくなっていることがあります。
これも外壁劣化の合図です。
この段階で修復したほうが建物の劣化を防ぐことができます。

上記の症状が出たら、早い段階で外壁の再塗装をご検討ください。
ひび割れ箇所にシーリング補修を行うことで、穴埋め効果をもたらします。
その上から再塗装することで、ひび割れ部分が塗膜に覆われ、それ以上の劣化を防ぎます。

ニコー建装では建物の屋根、シーリング部分、基礎部分、外壁をくまなくチェックし、状態を確認します。
一度建物診断を受けたいという事でしたら、ぜひニコー建装にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから