屋根塗装の効果と必要性をご紹介

  • 2022.08.19

千葉県柏市に拠点を構える「ニコー建設」では、住宅の外壁・屋根塗装を承っております。

今回は屋根塗装の効果と必要性についてご紹介致します。

・塗料の中には遮熱塗料や断熱塗料と呼ばれるものがり、これらを活用することにより室内の温度を快適に調整することが可能です。

冷暖房コストを抑えることにもつながるので、夏場の暑い日や冬場の寒い日に室内で快適に暮らせないと感じている方は、遮熱性・断熱性を高めるためにも屋根塗装を検討することをおすすめします。

・サビ発生の抑制

屋根の棟板金はサビが発生してしまうことがありますが、屋根塗装を行う際にはケレンと呼ばれるヤスリがけ作業を行ってからサビ止めを塗ります。これによりサビの発生を抑えられるのもポイントです。

・防水性を高める

現塗膜には屋根材を雨などの水分から守る働きがあります。ですが、塗膜の一部が剥げていたりしていると十分な防水効果を発揮できません。屋根塗装をすることにより、雨漏りのリスクを抑えることにもつながります。

・カビやコケ対策

塗料の中には防カビ性に優れているものや、コケや藻の発生を抑えられるものがあります。特に海沿いにある住宅などは常に湿度が高い環境に囲まれていてカビやコケが発生しやすくなってしまいますが、屋根塗装を行うことによりこれらのリスクを抑えることが可能です。

お問い合わせフォーム